子育て

母乳をたくさん出す方法5選【出が悪いと悩んでいるママ必見】

2020年10月10日

母乳をたくさん出す方法

母乳をたくさん出す方法を紹介しています。

 

悩める者
・母乳で育てたいけど、なんだかあまり出ないなぁ

・母乳だけでは、中々赤ちゃんの体重が増えない

・ピューっと溢れ出す感覚を味わってみたい

 

母乳で赤ちゃんを育てていきたいけど、思うように母乳が出ず、ミルクの比率が多めになってしまうことで、結局母乳量も減ってしまうことがあります

私は溜まり乳ではなく差し乳で、赤ちゃんがもういらないとなるほど、たくさん出るおっぱいではありませんでした。

ですが、この記事で紹介する母乳がよく出る方法で、胸が張る・母乳がピューっと溢れる感覚を味わうことができました

ふたば
赤ちゃんも満足して泣く回数が減った!

 

そこでこの記事では、ミルクの量を減らしなるべく母乳で子育てしていけるよう、効果が出やすい母乳量を増やす方法を紹介します。

 

母乳が思うように出ないのは、ママにとっても赤ちゃんにとってもストレスになりやすいです。

この記事を読んで、母乳の量が増えることで授乳の時間が少しでもラクで愛しい時間になれば幸いです。

 

母乳がよく出るとこんなメリットがあります

母乳がよく出るメリット

母乳がたくさん出ると嬉しいメリットが多くあるので簡単に紹介します。

 

私は、混合も完全母乳もどちらも経験したことがります。

両方経験した私が、母乳がよく出るようになって感じた実際の感想をまとめてみました。

ふたば
混合育児も良かったけど、やっぱり楽なのは完全母乳だった

 

  1. ミルク代の節約になる
  2. 完全母乳になれば、夜中にミルクを作らずに済む
  3. 母乳でのカロリー消費で産後の体重も自然に痩せる
  4. 母乳が足りず赤ちゃんの体重が増えない不安から解消される
  5. 母乳をよく飲む赤ちゃんの胃袋も満足させられる
  6. 赤ちゃんが泣く回数も減り、ぐっすり眠ってくれる(ママに心にも余裕が生まれる😢)

 

母乳がたくさん出ることで、ミルク代の節約になりますし、哺乳瓶を洗浄⇒消毒の手間を減らすことができます。

夜中にキッチンに立ってミルクをせっせと作らずとも、布団の上で授乳が完了するのもかなり楽でした。

 

1度の授乳で赤ちゃんが満足いく量を飲ませてあげられることで、おっぱいを休ませて乳首の痛み軽減にもつながります。

赤ちゃん自身も満足して、ぐっすり眠ってくれるようにもなり、泣く回数も減りました

ふたば
母乳がたくさん出れば体重が自然と落ちるのも嬉しかったです!

 

効果が出やすい!母乳をたくさん出す方法5選

ここでは、私の体験談も交えて、母乳をたくさん出す方法を紹介していきたいと思います。

バランスの良い食事、血行をよくする、ゆっくり休むというような定番のものはいったん置いといて、母乳量を増やす具体的な方法をピックアップしています。

 

  1. 赤ちゃんに直接飲んでもらう
  2. 水分を多めにとる
  3. 母乳に良い飲み物を飲む
  4. 母乳サプリを取り入れてみる
  5. 母乳マッサージをする

 

ふたば
私の場合、一番おっぱいに変化があったのが『たんぽぽ』シリーズでした!

 

赤ちゃんに直接飲んでもらう

母乳がたくさん出るようになる一番の方法は、赤ちゃんに直接飲んでもらうことです。

ふたば
コレが一番手軽で一番大変!

 

ここで少し私の体験談をお話すると、1人目出産後私は産褥感染症で救急車で運ばれ、赤ちゃんと離れて入院したんです。

生まれたばかりの赤ちゃんと1週間も離れ離れになってしまって、母乳をあげることができませんでした。

 

母乳が出なくなってしまわないように、入院中も頑張って自分で搾乳はしていたものの、母乳の軌道に完全に乗り遅れてしまいました💦

そんなこともあり1人目は混合でした。一方で、2人目は完全母乳に成功しています。

 

2人目は哺乳瓶拒否な赤ちゃんだったので、何とか母乳一本で乗り切るしかなく、頻回授乳と以下の母乳量を増やす方法でなんとか完全母乳で育てることができました。

 

助産師さんにも相談してみたので、そのときのポイントを紹介します。

助産師さん

とにかく赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことが大切!

赤ちゃんが吸うことで、オキシトシンのホルモンが活発になって、母乳が出やすくなるよ。

赤ちゃんが飲んで減ったぶん、どんどん母乳が作られてくるから、頑張って!

たくさん吸ってもらって軌道に乗せることが重要!
ふたば

 

母乳メインで育てたい方は、ミルク量の調整も必須です。

赤ちゃんの様子を見ながら少しずつミルクの量を減らし、母乳の回数を増やしていきましょう

 

水分を多めに取る

母乳の9割は水分だと言われているので、授乳中のママは2リットル以上の水分摂取が必要です

ですが、何リットルと言われても、自分がどれくらい水分を摂取しているかなんて分からないし、測れないですよね😂

 

なので、

  • 食事のときに必ず汁物をつける
  • コップ一杯の水分を、朝起きたら/お風呂上がり/授乳の前に飲むなど習慣化する

上記のように、水分を多めにとるということを頭に入れておくだけで、1日の水分摂取量を増やすことができますよ。

 

母乳に良い飲み物を飲む

手摘みのタンポポ

先ほど言ったように、母乳の量を増やすのに水分を多めにとることは必要不可欠です。

ただのお水や麦茶をたくさん飲むだけでなく、母乳に良い飲み物に置き換えるだけでも、さらに母乳量をアップさせることができます

 

ただし、母乳に良いお茶やサプリは値段が高めなものも多く、ミルク代よりもお金がかかってしまう場合も…

しかし、母乳育児のメリットは節約だけが目的ではなく、他にも先ほど紹介したような赤ちゃんにとってもママにとってもメリットが多いです。

ふたば
母乳が軌道にのるまで試してみるのもアリ!

 

たんぽぽ茶・ハーブティー・たんぽぽコーヒー

たんぽぽ茶は、母乳の分泌を促してくれたり、詰まりにくくしてくれ、母乳育児の強い味方になります。

ふたば
母乳の質も高めてくれます!

 

おっぱいが張らない私でも、たんぽぽ茶を飲むとおっぱいがわき出してくる感覚があり、噂のピューッとを体験することができました!

ふたば
『たんぽぽ』成分が入った飲み物が、一番即効性があった!

 

私が麦茶の代わりに飲んでいたたんぽぽ茶です。

はじめは紅茶のようにティーバッグで飲んでいましたが、だんだん面倒になりお茶のように煮出すことができる、上記の商品にたどり着きました。

500円前後で16袋入っているのでコスパも最高です

 

私は麦茶の代わりに日常的に飲んでいましたが、変わった味ではあるため家族からは大不評。

家族の麦茶と私のたんぽぽ茶を別で煮出して常備していました。

 

家族のお茶と分けて作るのは面倒、自分だけ飲みたいときに飲めればいいという方には、とにかく人気が高いAMOMAのミルクアップブレンドがぴったりです。

 

値段は高めなのですが、母乳で育てたいママのために作られたハーブティー(たんぽぽ成分入り)なだけあり、口コミの高さがすごいんです

ふたば
雑誌でもよく取り上げれています!

 

AMOMAのミルクアップブレンドの口コミ

 

タンポポコーヒー

 

リラックスしながらティータイムを楽しみたい方には、たんぽぽコーヒーという手もあります。

ただ、味の好みはすごく分かれます。

コーヒーが好きなので私も試してみたのですが、

ふたば
・・・苦手ェ・・・

 

たんぽぽ茶の変わった味に、コーヒーの味がミックスされかなり独特の風味に感じました。

とはいえ、この風味が好き!という方もいるので、是非一度試してみて下さい。

ふたば
ティータイムも楽しめて、母乳も出やすくなったら嬉しい!

 

AMOMAたんぽぽコーヒーを見てみる

 

母乳サプリを取り入れてみる

母乳が出ないママに選ばれている『すくすく母乳の泉』という母乳サプリもあります。

毎日の食事に2粒飲むだけで、厚生労働省が推奨している、授乳中のママに必要な栄養素をカバーしてくれるんです。

 

30日間の返金保証もついる(飲み切ってからでも可)ので、安心してはじめられます。

初回限定で50%オフになるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみて下さいね。

ふたば
母乳はもっと出したいけど、ハーブティーやたんぽぽ茶は苦手という方にも取り入れやすいですよ!
1日3食なかなかバランスよく食べれていないという方にもおすすめ
だんご

 

すくすく母乳の泉を詳しく見てみる

 

おっぱいマッサージ

母乳マッサージには、母乳の分泌をスムーズにしてくれたり、母乳を詰まりにくくする役割があります

私は、入浴中やお風呂上がりによくマッサージしていました。

ただ、力を入れすぎたりやりすぎにも注意が必要。

 

おっぱいに違和感があったり不安がある場合は、母乳外来などの専門機関に相談することをおすすめします

ふたば
私は、赤ちゃんの2週間健診・1か月健診のときに助産師さんに相談しました!

 

 

母乳マッサージが分からないという方には、上記の動画が分かりやすいので貼っておきます。

 

出が悪いとお悩みのママ必見!母乳をたくさん出す方法:まとめ

この記事では、母乳をたくさん出す方法を紹介しました。

  1. 赤ちゃんに直接飲んでもらう
  2. 水分を多めにとる
  3. 母乳に良い飲み物を飲む
  4. 母乳サプリを取り入れてみる
  5. 母乳マッサージをする

 

私も実践して、あまり出ないおっぱいから完全母乳で赤ちゃんを育てることができるようになったので、母乳をもっと出したいと思っているママは是非試してみて下さい!

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-子育て
-

© 2020 ふたばのひなた