もうすぐ2児の母になる主婦の、妊娠・出産・子育て体験談や、日々の気になることを綴ります。

ふたばのひなた~2児の母の発見~

保育園 子育て

【体験レポ】小規模保育園の慣らし保育のスケジュールはこんな感じ。今までどこにも預けたことがない1歳の息子、頑張ってます!

投稿日:

1歳9ヶ月の息子がついに保育園デビューしたわけですが、入園式の翌日から早速、慣らし保育がスタートしています。

どこの保育園も、最初は1~2時間程度の慣らし保育から始める場合が多いですよね。

新しい生活に、子供は不安を抱えながら頑張ってくれています。
そして、親もまた然り。

ふたば
息子は今何をしているんだろう?
不安で泣いていないかな?

など、私自身がまだ慣れなくて、そわそわと落ち着かない時間を過ごしています(;'∀')

さて、今後の保育園生活を円滑に進めるためにも重要になってくるこの慣らし保育。
我が家の場合は一体どんなスケジュールで、どんな感じなのか、息子の様子と共に体験談をお伝えしていきたいと思います♪

息子が通う小規模保育園の慣らし保育のスケジュールはこんな感じ。

保育園の面接時に、大体の慣らし保育のスケジュールを教えて頂きました。

うちの保育園の場合、慣らし保育期間は4日間。

  • 慣らし保育1日目(10:00~11:30)の1時間30分
  • 慣らし保育2日目(10:00~11:30)の1時間30分
  • 慣らし保育3日目(10:00~12:30)の2時間30分
  • 慣らし保育4日目最終(10:00~15:00)の5時間00分

最初に予定されていたスケジュールはこんな感じでした。
ですが、実際に保育が始まって変更になった部分もあるので、詳しくはそれぞれの体験レポでお話したいと思います♪

慣らし保育1日目

  • 10:00~11:30の1時間30分
  • 給食・おやつなし

息子、初めての登園は、預けられるということが分かっておらず、父親に送り出された際も泣かなかったそうです。(ちなみにうちは、送り届けるのが父親。迎えに行くのが母親です。)

ですが、父親の姿が見えなくなった途端に大泣きして、1時間くらい泣き止まなかったんだとか。
それからお迎えまでの30分間は、先生に促されるまま園庭に出て、遊具で少しだけ遊んでいたみたいです。

我が家は、【父親→とと 母親→かか】と呼ばせていますが、か行がまだ言えないので【父親→とと 母親→たた】と呼ばれています。
その【とと、たた】の聞き分けが難しく、どっちを呼んでいるのか分からないことも多々あります(;'∀')

「とっとー?たったー?」と言いながら、園内を探しまわり、気づくとお部屋から園庭に大脱走していたそうです。
その姿を想像すると切なくなった初日でした。

慣らし保育2日目

  • 10:00~11:30の1時間30分
  • 給食・おやつなし

2日目は、預けられるということを覚えたのか、預ける際はギャン泣き!
ですが、父親の姿が見えなくなってからは諦めたようで、園庭で楽しく遊んでいたとのことでした。

息子は車が大好きなのですが、園庭の玄関の門から前を通る車をずっと監視していて、車が通るたびに先生に教えてあげていたそうです♪
保育園のブログでも、息子が門に張り付いている画像がアップされていたので、それを見て少しほっとしました(*'▽')

慣らし保育の最初は1~2時間程度なので、送迎の時間を考えると親もゆっくりしてはいられませんね。

慣らし保育3日目

  • 10:00~12:30の2時間30分
  • 給食あり

3日目にして、初めての給食~☆
11:30~給食開始で、お迎えが12:30なので、給食を食べ終えた頃に帰宅といった感じです。

3日目も、預ける際はギャン泣き。
この日は肌寒かったので、みんなで室内遊び。
息子はありとあらゆるおもちゃを出しまくっていたそうで…!

初めての給食は何の問題もなく、汁物をおかわりしたそうで、さすが食欲旺盛な息子といった感じ。
普段から結構何でもよく食べてくれるので、給食にはあまり不安はありませんでした♪

「保育士がお片付けしているのを見て、一緒にお片付けしてくれた優しい〇〇くん」という保育士さんからの連絡帳のメッセージを見て、ちょっぴりほっこりしたのでした。

ここまでは意外と順調な感じで、慣らし保育が進みました♪

慣らし保育4日目(最終日)

  • 10:00~17:00の7時間
  • 給食・おやつあり

通常4日目は、10:00~15:00の5時間らしいのですが、息子は17:00でも大丈夫そうだということで、2時間追加してみることになりました!
最終日ということなので、平常保育の練習と思えば有難いのですが、一気に7時間とレベルアップしたので、大丈夫なのかな~と親としては不安でいっぱいでした( ;∀;)

この日も預ける際は、相変わらずギャン泣きからのスタート!

午前中は園庭や、室内でご機嫌に遊び、給食もおかわりしたそうです。
ですが、給食後の初のお昼寝タイムが大変だっそうで…

家でも、お昼寝のときは結構グズグズする息子。
寝つきも悪いし、寝てもすぐに泣きながら起きてくることが多いので、保育園のお昼寝タイムは泣くだろうなぁ~と思っていたら、案の定だったようです。

凄い勢いで泣き続け、先生の抱っこでようやく寝付いたらしいのですが、他の子が泣き始めたため、すぐに目を覚ましてしまったみたいです。これは保育園あるあるですよね~仕方がない!
でも、みんなと一緒にちゃんと寝付いてくれたことに感動しました。

4日目は初めての長時間で、息子もかなり不安だったんだと思います。
私が迎えに行ったときに、半べそをかきながら走って飛び込んできたので、よく頑張った!と私が思わず泣きそうになってしまいました(:_;)

今までは家に帰ってもご機嫌なことが多かった息子ですが、この日はかなり荒れていました!

長時間預けられたことに怒っているのと、寂しさで情緒不安定な感じ。
おいで~というと、私のことを叩いたり、急にギャン泣きしたり。
大好きなご飯も、スプーンやフォークを投げつけたりして、いつもとは様子が違いました。
お昼寝時間が普段より短ったので、眠たいし疲れている部分もあったんだとは思いますが、生活の変化に息子も戸惑っているんだなと感じました。

この日は、悪さをしても叱ることをやめて

ふたば
今日はよく頑張ったね!偉かったね!

と、たくさん褒めて、息子を全力で受け入れようと心がけました。

そして、そのまま疲れがピークに達したのか、20時にはスヤスヤ眠ってくれましたよ♪

最終日を終えて・・・

少しずつ慣れていってはいますが、やっぱりまだまだ不安で寂しいみたい。
楽しく遊んでいでも、ふと親のことを思い出すようで「ととーたたー」と、探し回っているそうです。

ですが、今日から息子も平常保育です。

我が家の場合は、慣らし保育は4日間だけでしたが、これはとっても短いパターンのようですね。
中々慣れない子なんかは、2週間~1ヶ月程度かかる場合もあるそうです。

息子の保育園でも、とりあえず慣らし保育4日間を試してみて、そこからその子に合わせて慣らし保育を継続した方がよさそうなのか、両親の仕事の都合なども一緒に考慮しながら相談していくそうです。

息子もしばらく平常保育で様子を見ながら、慣れてきたかどうか、ここに追記して行きたいと思います♪

預ける際の、ギャン泣きが辛い!

息子を預ける際は、必ずと言っていいほどギャン泣きです。
泣いている姿を見ながら、その場を離れるのはこちらとしてもすごく辛いですよね。

うちの場合、送り届けるのは夫の役目なので、私はその姿を見ずに済むのですが…
私はお迎え担当なので、夫からは「泣いている姿じゃなくて、笑顔の息子を見れていいな~」と羨ましがられています。

ですが、預けるのがもし私だったら、息子はもっともっと泣いているんじゃないのかな~と思います。
やっぱり、一緒にいる時間が長いママの方が離れがたいし、甘えたくなるんじゃないのかな。

なので、送り届けるのは旦那さんの方がいいのかも♪

預ける際にギャン泣きで困っているママは、一度旦那さんにお願いしてみるのもいいかもしれませんよ♪

帰宅後のかんしゃくやグズり、夜泣きはよくあること

慣れない保育園生活に、子供は寂しさや不安を抱えながら、頑張ってくれています。
保育園生活に慣れるまでは、自宅に帰ってから、そのストレスが爆発してしまうことも多いそうです。

息子も、かんしゃくや急なギャン泣き、べったりひっついて離れないなど、いつもとは様子が違い、精神的に不安定になっています。

そんな時は、あまり叱ったりせずに「頑張ったね!偉いね!」とたくさん褒めてあげることが大事なんだそうですよ。
あとは、いつも以上にスキンシップを大切にして、話を聞いてあげたり、たっぷり甘えさせてあげるなど、親からの愛情を伝えることで、子供は落ち着きを取り戻すそうです。

私も息子が不安定になっているときには、「子供を受け入れる」ということを意識して接するよう心がけています♪

保育園の洗礼とも呼ばれている、発熱や体調不良

保育園の洗礼とも呼ばれている、発熱体調不良は、慣らし保育早々に起こってしまうことも多いんだとか!

私もこのことを周りから聞いていたので警戒していますが、現在はまだ何ともありません。(よっしゃー)

でも、それだけ子供には慣れない生活での負担がかかっているということなんですよね。
まだまだ慣れないうちは、体調面でも変化が起こりやすいと思うので、子供の様子をしっかりと見てあげなければと、私も気をつけています。

そして、ママ自身も、仕事や保育園のこと、子供の変化などで気を張った状態になっていて体調を崩しがちなので、休めるときにしっかりと休んでおきたいですね♪

頑張っているのはママも一緒!

毎日一緒に過ごしていたときは何をするにも大変で、たまには離れてみたい!と思っていたのに、いざ保育園生活が始まると、私自身が寂しくなってしまって、まだまだ息子がいない生活に慣れないでいます。

一時保育や、家族にすら息子を預けたことがなく、ずっとべったりで生活してきたので余計にそう感じるのでしょうね。

私の場合は、寂しさ以外にも、車の運転という難題が!
保育園は自宅から少し離れたところにあるので、車を5~10分運転しなければなりません。
ですが、私は運転が苦手なんです。

車に慣れてないというのが一番大きいですが、運転への恐怖心も中々拭えないでいます。
しかも、保育園の駐車スペースがとても狭く、他の保護者の車もあったりするので、駐車が苦手な私は冷や汗かきまくりです。
慣らし保育2日目の日なんか、駐車スペースが混雑していて、しかも私は上手く駐車することができず、他のママと若干変な感じになってしまったり…(;´・ω・)ぎゃぁ

慣れない保育園生活というのは、親にとっても、子供にとっても試練ですね!

まとめ

慣れるまでの保育園生活は、きっと大変なことが多いと思います。

気になること、不安に思うことは保育士さんに何でも聞いてみると安心です。
送迎の際はバタバタして聞き忘れてしまうことも多いので、私は連絡帳で子供の様子や気になることを毎日記入して聞いていますよ♪

息子の保育園はブログもされていて、その日の様子を写真つきでアップしてくれているので、毎日の更新を楽しみに、寂しさを紛らわせています(*'▽')
(心外ですが、私がブログを気にしすぎているため、夫からは息子のストーカーだと言われました…)

保育園生活にも慣れ、自分から保育園に行きたいと思える日が来るよう、今後も応援して行きたいです♪

記事下ダブルレクタングル

記事下ダブルレクタングル

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-保育園, 子育て
-, ,

Copyright© ふたばのひなた~2児の母の発見~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.