暮らし・生活

無煙炭火ロータスグリルでベランダバーベキューは可能なのか試してみました!

家で炭火焼肉がたべたい。

脂が流れるホットプレートを買って、家焼肉をしてみたものの、炭火焼肉の美味しさには到底届かず、家で何とか炭火焼肉を楽しむ方法を探しました。

そこで見つけたのがロータスグリルです。

販売元によると、「煙が劇的に少ない!着火しやすく楽にバーベキューができる!火力は抜群!」という画期的な商品でした。

しかし、無煙といっても結局煙がモクモク出るんじゃないか、少し疑いながら、購入を決意しました。

それでは実際にマンションでベランダバーベキューができるのかどうか、半年使ってみた感想をまとめていきます。

この記事は、キャンプにハマっている私が書いています!

ロータスグリルでベランダバーベキューはできる!

ロータスグリルで海鮮バーベキュー

結論から言えば、ロータスグリルを使えばベランダバーベキューはできます。

我が家での稼働率も高く、月に2回ほどは、ロータスグリルでバーベキューを楽しんでいます

しかし、初めの内は失敗も多く「もしかしたらコレダメなんじゃないか…」と思うこともありました。

その失敗も含めて、ロータスグリルの至らないところを紹介します。

使って分かったロータスグリルのここは失敗【正直な口コミレビュー】

ロータスグリルは、自宅でも炭火バーベキューを楽しめる非常に便利なツールです。

しかし、実際に使ってみると、万能ではない、ということもわかりました

それらロータスグリルの欠点をまとめました。

火力が弱い

ロータスグリルを使う前のイメージは、キャンプ場で楽しむバーベキューグリルグリルよりやや弱い程度の火力で、同じリズム感で、バーベキューを楽しめると思っていました。

しかし、実際のところは、バーベキューグリルの火力の半分程度でしょうか

バーベキューだとちょっとよそ見をしているとお肉が焼けすぎてしまいますが、ロータスグリルは、しばらくぼ~っとしていても問題ないくらいです。

ただし、中央のプレート上は火力が高いので、すぐに焼けます

しかしここにお肉など脂の多いものを置いてしまうと、煙が発生してしまうので、プレート部では野菜類しか焼けません。

なので、私も家で楽しむときは、早めに準備してから子どもたちのお肉と野菜だけ早めに焼き、子どもたちが食べ終えた後に、ゆっくりと楽しんでいます。

炭の種類を変えることで、若干火力が上がりますが、圧倒的な火力アップとはならないので、ゆっくり楽しむという点は変わりません。

煙が出ても良い場所であれば、付属の網を使わずに市販の網を使えば、通常のバーベキューグリル同様に使えます。

無煙ではない

ロータスグリル チャコールコンテナ外側

ロータスグリルは、ハーフェレの商品紹介ページにも”無煙炭火BBQグリル”と紹介されていますが、実際のところは無煙ではありません

正しく使ってもやや煙が出ます。

3つの煙が出るタイミング

  • 炭に着火するとき
  • 網部分に脂・肉片がこびりついて焦げたとき
  • 中央プレート部に脂が出るもの(お肉類)を置いたとき

特に③は注意が必要です。

そもそもバーベキューグリルから煙が上がる理由は、炭に脂が落ち、脂が焼けるからです。

ロータスグリルは、木炭をチャコールコンテナに入れ、フタをし、かつプレートで覆うことで、脂が焼けるのを避けることで、煙をでなくしています。

網の真ん中にあるプレート部にお肉など焦げやすいものを置いてしまうと、見る見るうちに煙があがってきます。

初めてロータスグリルを使ったときはこの失敗により、ベランダでかなり煙を出してしまいました。

無煙を売りにしているロータスグリルですが、少しは煙が出ると思っておいてください

ちなみに、室内ではさすがに使えませんでした。参考までに知っておきましょう。

ロータスグリルのここがよかった

続いて、ロータスグリルの良かった点をご紹介します。

着火が楽

ロータスグリル チャコールコンテナ内の炭火(上部)

ロータスグリルの何が一番良いかというと、着火が楽という点です

チャコールコンテナに炭を入れ、着火プレートに着火剤を塗りつけ着火、チャコールコンテナを設置するだけです。

ロータスグリル 着火プレート
着火プレートに着火剤をぬりぬり…
ロータスグリル チャコールコンテナ外観
チャコールコンテナを設置、ちょっと白煙がもくもく

後はスイッチをオンにして放置するだけです。

しばらくすると、内臓ファンが空気を送り、炭に火が回ります。

テクニックは一切不要!わずか5分程度で着火完了します。

着火が楽というのが、一番ポイント高いです。

今日焼肉やろう!と思ったときにすぐにできる気軽さが最大の良さだと思います。

洗うのが楽

ロータスグリル一式

ロータスグリルは、着火が楽という点が最大の良さでした。

そして、もう一つは片付けの楽さです。

ロータスグリルの部品は、インナーボウルと網、チャコールコンテナの4つです。

インナーボウルと網は水洗いできるので、そのまま洗い場で丸洗いできます。

チャコールコンテナは、灰を捨てて汚れを拭いておくだけでOK。

チャコールコンテナには、脂が落ちない仕組みなので、灰の汚れ以外は着きません。

網に関しても、余分な脂はインナーボウルに落ちるので、洗剤で洗うだけで十分な程度にしか汚れません。

通常のバーベキューグリルに比べて洗うのが格段に楽なのは本当にうれしいです。

持ち運びができる

ロータスグリルを持ち上げる
着火中でもこんな風に持ち上げて持ち運び可能

ロータスグリルは、構造上チャコールコンテナとインナーボウルだけが熱くなり、外側は熱くなりません。

着火後でも、素手で持ち上げることができるので、場所に困りません。

机の上に直置きもできるって地味にポイント高いです

バーベキューが身近な存在に

ロータスグリルで焼き肉

ロータスグリルを買ってからというもの、本当に家でバーベキューをする回数が増えました。


今まで炭火焼肉はお店で食べるもの、あるいはキャンプで食べるもの、という認識だったのが、週末に気軽に楽しめる存在になりました

ロータスグリルのおすすめサイズ!4人家族ならレギュラーサイズがベスト

ロータスグリルを買う時、どのサイズにするか迷っていました。

そもそも欲張りな性分な自分…マクドナルドでも無駄にLLサイズを注文してしまう自分ですから、こんなもんレギュラーよりXLだろ!

大は小を兼ねる!と考えていました。

しかし、冷静に考えると、XLは大きい…

ロータスグリル直径S(G280)R(G34P)XL(G435P)XXL(G600)
網直径292mm350mm435mm600mm

レギュラーサイズで直径35cmくらい、XLサイズだと約43cmでした。

家族4人で楽しむならレギュラーサイズで十分です。ただし子どもが小学生や中学生になり、食べるペースが速くなればXLサイズが欲しくなるかもしれません。

ロータスグリルでお肉を焼く
レギュラーサイズでも十分足りてます!

ロータスグリルのうまく使うちょっとしたコツ

ロータスグリルは、便利ではあるものの万能ではありません。

しかしちょっとしたコツを知っていれば、便利さがグッと増します

ロータスグリルユーザーである私が便利になったと感じるコツを数点ご紹介します。

火力アップには炭を変えよう!

ロータスグリルには、専用の木炭があります。

細かく砕かれていて、チャコールコンテナにぴったり収まる点は良いのですが、火力が若干弱く、燃焼時間も決して長いとは言えませんでした。

ロータスグリルでバーベキューをするときは2時間くらい燃焼が必要なのですが、専用木炭は1時間ちょっとで燃え尽きてしまいます。

そこで、周囲の評判などを参考に、「大黒オガ備長炭」に買い替えてみました

長さがバラバラなので、チャコールコンテナに合わせて切らないといけない点はやや不便ですが、火力・燃焼時間は格段によくなりました

炭を買い替えるだけでこんなに快適になるのか、と驚きの効果を実感できます。

網をうまく代用して料理の幅を広げよう!

ロータスグリルは、基本的には付属の網を使います。

付属の網は、煙が出にくい仕組みはいいのですが、いかんせん「目が粗い」んです。

やけに目が粗いので、ちっさいお肉ならスポスポ落ちる。

なんだったら野菜まで落ちちゃいます。

以前ホルモンを焼いたところ3分の1くらいは落ちるという悲惨な結果に…。

そこで100均で直径20cmくらいの網を購入し、その網で焼いてみることに。

熱が通らないかな~と不安でしたが、見事に成功!

焼き網を追加することで焼ける食材が増え、バーベキューのバリエーションが増えました!

さらに煙が出ても良いシチュエーションであれば、専用の網でなく、普通の焼き網でもバーベキューができます。

網を代用することで、使い方の幅が増すので、試してみてください。

ロータスグリル 消耗品はストックしておくと便利

ロータスグリルの消耗品は、チャコールコンテナ、着火プレート、専用網です。

私はロータスグリルを使い始めて2年程経ちますが、実はまだどれも交換したことがありません

公式ホームページでは交換時期を”破損した場合”、”筒の形状を保てなくなった場合”と明記されていますが、今のところそこまでの状態にはなっていません。

しかし、いざ使えなくなると、着火できませんから、常にストックしておくべきでしょう

予備のチャコールコンテナ・着火プレート・専用網は、いずれもロータスグリル公式から購入できます。

Amazonや楽天でもたまに売っていますが、公式ホームぺージより高い場合がほとんどです。

お得に買うならぜひ公式ホームページを利用しましょう。

まとめ:ロータスグリルを買って家族の楽しみが一つ増えた

ロータスグリル 袋

ロータスグリルを買ってから、バーベキューが身近になったとともに、もう一つ嬉しいことがあります。

それは、キャンプに行ったときにバーベキュー以外を楽しめるようになったということです(笑)

今までは、バーベキューはキャンプでしかできない…だからキャンプ=バーベキューだったのですが、最近では炭火焼肉は家で、キャンプではキャンプ飯!と使い分けて楽しんでいます。

決して万能ではありませんが、きちんと使えば家族での楽しみが一つ増やせます。

何より子どもたちがおいしいおいしいとバクバク食べてくれる!炭火の力って偉大です!

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-暮らし・生活