\2児の母の、妊娠・出産・子育て体験談や、日々の気になることを綴ります/

ふたばのひなた

妊娠・出産

【体験談】何を食べても苦い!?妊娠中に味覚障害になった私の原因と対処法

投稿日:

私が1人目を妊娠中、妊娠初期から中期にかけて味覚障害になりました。

ふたば
飲み物や食べ物がどれも苦く感じられる・・・

当時、吐きつわりでぐったりとしていて、精神的にもネガティブになっていた私は、何か重大な病気にでもなってしまったのではないかと不安になりました。

そこで、ネットで「妊娠中 味覚」と調べてみると、妊娠中に味覚が変わってしまう場合があるということを知りました。

実際に経験してみて、つわり中の味覚障害は思った以上に辛かった。

ですが、リアルな妊婦さんの声や体験談は少なかったので、私と同じような症状で苦しんでいる妊婦さんのお役に立てればと思い、この記事を書いています。
少しでも参考になれば嬉しいです。

妊娠中に味覚障害になった私の体験談

今まで4度の妊娠経験がありますが、毎回吐きつわり。
それも1人目のときが一番ひどい症状でした。

何か食べてもすぐに気分が悪くなり、1日に何度ももどしてしまう日々。

そんなある日、食べ物や飲み物が全て苦く感じ始めました。

どれくらいの期間?

ふたば
私の場合、つわりが一番ひどかった9週から16週くらいまでの間でした。

一番初めにあれ?と思ったのは、気分が悪くなってひとしきり吐いたあと、水分だけはとっておこうといつも通り麦茶をゴクゴクっと飲んだときでした。

そのときは、麦茶のティーバッグを煮出しすぎたのかなくらいにしか思わなかったのですが、徐々に何を飲んでも食べても、苦味があるように感じられました。

味覚障害になって辛かったこと

吐きつわりで食べれるものが少ないので、やっと食べれそうなものを見つけても、自分が想像していた味に感じれず、おえっとなってしまうのが辛かったです。

そして何よりも、水やお茶でさえも美味しくなくなってしまったので、何を口にするのも嫌になってしまいました。
ですが、何か口にしないと体力的にも持たない…
ということで、とにかく味に集中しないように心がけていました。

どうしても辛い場合には、普段よりちょっと濃く味付けしてみたり(※妊婦さんなので、やりすぎには要注意です)何とか自分の舌をごまかしながら生活していました。

今、妊娠中につけていた日記を読み返していると

ふたば
この先ずっと食べることが嫌いになりそう。人生で一番辛い。

と書いてありました。

それくらい、精神的にもまいっていました(;'∀')

どうして味覚障害になるの?

妊娠中の味覚障害の主な原因は、亜鉛不足が考えられます。
つわりがある妊婦さんは、思ったように食事を取ることができず、知らず知らずのうちに鉄分亜鉛といった、妊婦さんに重要な栄養が失われがちなんですね。
ちなみに、鉄分の不足からも、味覚に何らかの変化が現れる場合があるそうです。

この妊娠中の味覚障害。実はあまり珍しいことではないそうで、つわりの一種とも言われています。

亜鉛が多く含まれるオススメの食べ物

亜鉛は肉類・魚介類・穀類・豆類など、全ての細胞に含まれます。
なので、摂取しやすい栄養素とも言えますが、逆に、自分の体内で生産・貯蓄することのできない栄養素でもあるので、毎日の食事から積極的に取り入れていくことをお勧めします。

  • 牛肉
  • 牡蠣
  • レバー類
  • うなぎ
  • ホウレン草
  • プロセスチーズ
  • たらこ
  • いりごま
  • のり
  • 卵黄
  • 豆腐類

他にも、亜鉛が多く含まれる食材はまだまだあります。

ですが、つわり中の妊婦さんは食べれないものが多いですよね。

その中で、ごまやのりは、普段食べる食材に簡単に取り入れやすいのでオススメです。

ふたば
少しずつ、無理しない程度に亜鉛を取り入れることを意識してみましょう♪

どうしても食べることが辛い場合

食材から亜鉛を取り入れることが出来れば、それが一番理想です。

ですが、理想は理想。現実はそう簡単じゃありませんよね。

私もそうでしたが、つわりがひどくて、食べることが難しい場合も多いです。

そういうときは割り切って、現実的に簡単にサプリで栄養を補給しちゃいましょう。

ネットや薬局で手に入りやすいサプリの代表としては、

など、他にもたくさん種類がありますよね。
私は現在もお世話になっています。

他にも、妊婦さんに寄り添って作られた【ベルタ葉酸サプリ】
というサプリもオススメです。



【ベルタ葉酸サプリ】は、香料・着色料・保存料など、無添加にこだわって作られているので安心して飲むことができます。
葉酸はもちろん、鉄分など他の栄養素と一緒に亜鉛を取ることが出来るので、辛いつわり中の妊婦さんには特に有難いサプリになっています。

かかりつけ医に相談しよう

なんだかんだとご紹介しましたが、やっぱり一番安心なのは、かかりつけの産婦人科の先生に相談すること

もはや自分だけの身体ではないので、自己判断はせず、一度先生にご相談されるのが一番ですよ♪

私自身、先生と相談の上、亜鉛サプリと貧血もあったので鉄剤を処方して頂きました。
飲んでいるうち、少しずつ症状も緩和され、16週頃には苦味もなくなりました。

どれだけ今が辛くても、終わりは必ず来るということ

妊娠中の味覚障害は、想像以上に辛いです。
妊娠中に味覚障害になっている方のほとんどが、つわりと関係しているそうなので、つわり+味覚障害で気が滅入ってしまいますよね。

私自身、美味しく食べている自分を想像できないほど、食べることが嫌になってしまっていました。
ですが、産んでしまえば味覚も元に戻り、また毎日美味しくご飯を食べています。

あんなに辛かったのに、今では

ふたば
あの時は辛かったな~!

くらいに、ぼんやりとしか思い出せません(笑)

出産と同じで、また妊娠するために嫌なことは忘れてしまうよう女性の体はできているんですよね。
女性って本当にすごい!

味覚障害辛いですが、絶対に終わりが来るので、
可愛い赤ちゃんに会うためにもそれまで頑張りましょう(*'▽')

記事下ダブルレクタングル

記事下ダブルレクタングル

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-妊娠・出産
-, ,

Copyright© ふたばのひなた , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.