妊娠・出産

妊娠線クリームなんでもいい訳ない!適当に選んで後悔した話

2021年12月7日

妊娠線クリームなんでもいい

妊娠線予防クリームって本当ピンキリ!

代用品ならめちゃくちゃ安いし、超高級な妊娠線クリームなんて目ん玉飛び出るくらい高いですよね。

なので、一体どれを選べばいいのかって本当悩みます...

私も1人目妊娠中、妊娠線クリームどれを選んでいいの分からなくて適当にしていたら、大変なことになってしまった経験があります

この記事では、私の失敗談を交えながら「妊娠線クリームってなんでもいい訳じゃないよ!」って話をしていきたいと思います。

クリームの違いや、妊娠線ができやすい人の特徴なども書いているので、同じ妊娠線クリームに迷っている方の参考になれば嬉しいです!

妊娠線クリームはなんでもいいの?安いやつでもいい?

妊娠線クリームって種類が多いし、値段もピンキリだし、違いが分からずどれを選べばいいのか悩みますよね。

私は1人目妊娠中で大失敗。

妊娠線でシマウマみたいになってしまったことから、妊娠線についてめちゃくちゃ調べました。

オイルとクリームの違いや、値段の違い、色々知ることができたのでその情報をシェアしたいと思います!

オイルとクリームの違い

まずはオイルとクリームの違いです。

どう違うかというと、油分の量が圧倒的に違うんですよね。

保湿力はもちろん、油分量が圧倒的に多いのがオイルです。(油分そのものですからね;)

ですが、ベタつきやすいのもまたオイルなんですよね。

オイルはつけすぎると結構大変なことになります。

ふたば

オイルの香りが妊娠中に受けつけない人も多いみたい!

一方で、クリームはとにかくバランスが良いです

保湿力もありますし、伸びが良い。

個人的には、クリームをメイン使いにして、保湿力が足りないと感じるときにサブとしてオイルを使うのがベストだと思います

妊娠線に人気のオイルと言えば、無印のホホバオイル。

お手頃価格ですし、クレンジングや全身にも使えるオイルなので、1本持っておけばかなり使えるアイテムです。

▼人気の無印ホホバオイル

無印良品
¥1,590 (2022/07/03 22:08時点 | 楽天市場調べ)

安いクリーム(代用品)と、高いクリームの違い

次に、安いクリーム(代用品)と、高いクリームの違いです。

妊娠線の代用品としてよく言われている普通のボディクリームと、妊娠線予防専用のクリームでは、目的が違うので配合されている成分が異なるなんです

例えばニベア。ニベアの成分では、肌表面に油状皮膜となり、肌の水分を閉じ込める効果は見込めます。

しかし、肌の奥まで潤いを届けて持続してくれるということはないんですよね。

一方で、妊娠線クリームは、肌の奥まで潤いを届けてくれるように設計されていて、妊娠線の原因と言われている皮下の真皮や弾性線維の断裂を防いでくれる成分が配合されているんです。

ふたば

私も最初知らなかったけど、高い理由がちゃんとあったんだと納得

普通のボディクリームには、鉱物油配合のものがほとんどです。
しかし、妊娠線クリームは無添加処方のものが多いので、妊婦さんの肌に安心して使うことができます

私が選んだ妊娠線クリームはコレ!2人目も継続して使いました

別の記事にも書いたのですが、私は1人目の最初、ニベアやバイオイルを適当にちゃちゃっと塗って終わらせていました。

すると、どんどんお腹にかゆみが出始めて、気づいたら1本2本とどんどん妊娠線が増えていったんです…!

やばいやばい!」ってだんだん焦ってきて、途中から妊娠線予防クリームに乗り換えました(゚д゚)!

妊娠線予防クリームといっても、また値段が安いものから高いもの本当色々あって悩んだのですが、私が選んだのはコレ。

ナチュラルマーククリーム妊娠線ができた理由

ママアンドキッズのナチュラルマーククリームでした。

ふたば

妊娠線クリームに乗り換えてから、かゆみが気にならなくなった!

選んだ理由を簡単に説明すると、

  • 妊娠線クリームNO.1と言われるほど人気が高い
  • 私自身雑誌で読んで知ってたし、サンプルも使ったことがあった
  • 妊娠線クリームの中でも、値段はそこまで高くなかった
  • 定期便じゃなくて、買い切りだった
  • 無香料でベタつきがないのに保湿力があった

さらに詳しく気になる方がいましたら、レビューを書いてみたので読んでみて下さい^^

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム私の口コミと感じた効果

ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの口コミ
ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム私の口コミと感じた効果

続きを見る

妊娠線ができやすい人の特徴|結局、体質なの?

妊娠線ができやすいと言われている人の特徴がこちら。

  • 痩せている人
  • 乾燥肌の人
  • 妊娠中に急激に体重が増加した人
  • お腹が大き目の人

妊娠線って、高いクリームを塗ってもできる人はできるし、逆に言えば何もケアしてなかったのに全くできなかったという人もいるんです。

結局、体質次第なの?と思ったりもするんですが、できるかできないかって、なってしまわないと分からないことなんですよね><;

もしちゃんとケアせず、ひどい妊娠線ができてしまったら・・・絶対後悔すると思います!

妊娠線って1度できてしまうと一生消えないって言われているので、それだったら後悔しないようにしっかりケアしようと私は思いました

ふたば

一生消えないこと考えると、多少高くても価値はある!

(妊娠中の短い期間だけだしね!)

って私の場合、それに気づくのが遅くて1人目妊娠線やっちゃったんですが、しっかりとケアした2人目はできなかったです

なぜ妊娠線ができてしまったのか・・・私の後悔と反省!

私は1人目妊娠線ができて、2人目妊娠線ができなかったんです

その理由を自分なりに考えて、後悔&反省もしたので紹介してみます←需要あるかな?w

妊娠線作りたくない方の参考になればと思います。

1人目妊娠線ができたー!

1人目で妊娠線ができた理由を考察してみました。

  • 妊娠線予防を始める時期が遅かった
  • お腹が大きくなるまで普通のボディクリームで代用していた
  • クリームの量をケチっていた
  • お腹が大きいタイプの妊婦さんだった(男の子)
  • 単純に太り過ぎた(+18kg)

1人目は妊娠についても、妊娠線クリームについても無知で、何でも取り組むのが遅かったです。

+18kgで太り過ぎたこと、ちゃんと最初から妊娠線クリームを使わなかったことが原因なのかなって自分では思っています。

あと、クリームケチるのよくない!

お腹が大きくなってきたとき、乾燥からなのか本当お腹がかゆくなって、そっから一気に濃い妊娠線がどんどんできちゃいました><

乾燥を感じたら、とにかく塗り直すことがポイントだと思います。

2人目妊娠線できなかったー!

2人目で妊娠線ができなかった理由を考察してみました。

  • 妊娠初期からケアを始めた
  • 妊娠線予防の専用クリームで徹底ケアした
  • クリームはケチらずたっぷり(何度も塗り直した)
  • お腹は割と小さめだった(女の子)
  • 体重の増加が少なかった(+8kgくらい)
  • 2人目で皮が伸びやすかった(?)

1人目で、お腹の妊娠線がすごいことになって反省したので、2人目では気合いをいれて妊娠初期からケアし始めました。

1人目妊娠中期で乗り換えたナチュラルマーククリームの使い心地がよかったので(ベタつかない上に、かゆみが気にならなくなった)2人目でもリピ

ケチらず、1日2回~たっぷり塗りました(*^_^*)

体重の増加も少なかったことも合わせてか、2人目では妊娠線1本もできなくて安心しました!

妊娠線クリームっていつから塗る?どれくらい?

妊娠線クリームっていつから塗ればいいのか分からないですよね。

実際、妊娠線ができやすくなるのはお腹が急激に大きくなる妊娠5か月頃ですが、できればお腹が大きくなり始める前からしっかり保湿することがポイントです。

お腹が出ていない時期から塗って意味ある?って思っちゃいますが、私たちが気づかないだけで皮下ではじわじわ皮膚が伸び始めているんですよね。

なので、見た感じまだお腹はそこまで大きくなっていなくても、しっかり毎日ケアしていくことが後悔しない鍵になります!

ちなみに塗る量は1日1回~は必ずです。

というか、乾燥を感じたらすぐに塗りなおす!を徹底することをおすすめします

まとめ:妊娠線クリームはなんでもいい訳じゃない!自分で納得できるものを使おう

妊娠線予防の専用クリームと一概に言っても、これまた色々メーカーがありますよね。

私はママアンドキッズのナチュラルマーククリームを選びましたが、

  • 値段の安さで選ぶのか
  • 人気のもので選ぶのか
  • 香りの有無で選ぶのか
  • 定期便がある方がいいのか、無い方がいいのか

色々選び方ってあると思います。

妊娠線ができてしまってから、「あーもっとちゃんとしとけばよかった」と後悔する前に、自分が納得できるケアをしっかりしておくことをオススメします!

私が使っていた妊娠線クリームは値段もそこまで高くはなく使い心地が良かったので、もしどれがいいか悩んでいる方がいましたらチェックしてみて下さいね。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム私の口コミと感じた効果

ママ&キッズ ナチュラルマーククリームの口コミ
ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム私の口コミと感じた効果

続きを見る

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-妊娠・出産