おもちゃ

はじめてずかん1000とはじめてのずかん900の違い!私のイチオシはこっちだ!

2022年2月19日

はじめてずかん1000と900の違い比較

息子にタッチペンずかんの定番「はじめてずかん1000」を購入しようと思っていたんですが...

「はじめてのずかん900もいいよ!」という口コミを見て、どっちにしたらいいのか悩みに悩みました。。

この2つ、違いは何なのか?

いろいろ調べて、結局我が家は「はじめてのずかん900」を購入!

ふたば

900は、遊び要素が少ないので若干年齢層高め。図鑑としてしっかりと学べるという点がいいなぁと思って決めました!

記事では、2つの違いについて詳しく掘り下げながら、どっちを選べばいいのかというポイントも紹介します。

それぞれ図鑑の中身や、目次もお見せするので、悩んでいる方は是非見比べて下さいね♪

▼はじめてずかん1000

▼はじめてのずかん900

はじめてずかん1000とはじめてのずかん900の違いって何?比較して紹介!

はじめてのずかん900の外箱
我が家は900を買ったよ!

「はじめてずかん1000」と「はじめてのずかん900」の大きな違いは、以下の通り!

  • 単語数
  • 出版社
  • 対象年齢
  • 交換用タッチペンの有無

他にも細かい違いはあるので合わせて紹介していきたいと思います。

出版社・値段・サイズ・ページ数の違い

はじめてずかん1000はじめてのずかん900
出版社小学館講談社
単語数1000900
ページ68ページ62ページ
サイズB20取変(182×206mm)A4変型(297×232mm)
価格4,928円(税込)4,950円(税込)

基本的な情報を比較してみました!

「はじめてずかん1000」と「はじめてのずかん900」は、単語数が違う同じシリーズだと勘違いしている方も多いのですが、実際は出版社も違う全くの別商品です

単語数が100個多く入っている「はじめてずかん1000」の方がページ数は多くなっていますが、値段はどちらもあまり変わりません。

はじめてのずかん900をサインペンと大きさ比較

サイズは「はじめてのずかん900」の方が、少しだけ大きいです。

とはいえ、サインペンと比較してもこれくらいの大きさ。

ふたば

持ち運びにもこまらない良いサイズ感ですよ!

何歳から使える?対象年齢の違い

・はじめてずかん1000⇒0歳~小学校入学前まで
・はじめてのずかん900⇒18ヶ月(1歳半)~

対象年齢を見てみると、「はじめてのずかん900」の方が年齢が高めに設定されていることが分かります。

年齢が高めに設定されている根拠は、目次を見ると分かりやすいので、次の項目で紹介していきます!

動画と目次から見る内容の違い

▼はじめてずかん1000

動画を見て頂くと分かる通り、「はじめてずかん1000」では、歌や遊びが多いんです

(歌だけのページや、鍋の中をペンでぐるぐるなぞってスープづくり!などゲームのページがある)

対象年齢が0歳~というだけあって、遊びながら楽しめる仕掛けが満載。

ふたば

赤ちゃんのうちからママと一緒に遊びたいという方は、「はじめてずかん1000」がぴったりです!

▼はじめてのずかん900

一方で「はじめてのずかん900」では、対象年齢が1歳半~年齢制限がないので、歌や遊びの仕掛け要素はありません(※クイズはあります!)

その半面、「はじめてずかん1000」にはない、

  • とけい
  • ぎょうじ
  • はんたいことば
  • あいさつ
  • かぞく

といったような、今後成長するにつれて必要になってくる知識はたっぷり学べるようになっています!

ふたば

成長してもしっかり使えるよう、我が家は「はじめてのずかん900」にした!

↓タイトルタブをタップで、それぞれの目次をチェックできます!




【目次】

・どうぶつ1
・どうぶつ2
・とり
・うみのいきもの
・みずべのいきもの
・きょうりゅう
・むし
・やさい
・くだもの
・たべもの
・パン/おやつ
・おすしやさん
・〈ゲーム〉スープをつくろう!
・のりもの1
・のりもの2
・のりもの3
・〈ゲーム〉おきがえしよう!
・みのまわりのもの
・おもちゃ/ぶんぐ
・ゲーム〉えんそうしよう!
・しぜん
・うちゅう
・はる  ♪「こいのぼり」
・なつ  ♪「たなばたさま」
・あき  ♪「どんぐりころころ」
・ふゆ  ♪「ゆき」
・くに
・スポーツ
・いろ/かたち/かず
・ひらがな
・カタカナ
・アルファベット  ♪「ABC SONG」
・〈ゲーム〉うたってあそぼう! 
♪「Old MacDonald Had a Farm」
♪「げんこつやまのたぬきさん」
♪「むすんで ひらいて」
・からだ

【目次】

・どうぶつ
・くだもの
・やさい
・はたらくくるま
・のりもの
・むし
・うみのいきもの
・パン/おやつ
・たべもの
・みのまわりのもの
・みにつけるもの
・まちにあるもの
・はな/しょくぶつ
・おもちゃ/ぶんぐ/あそび
・がっき
・いろ/かたち
・きょうりゅう
・とけい
・ぎょうじ
・からだ
・こっき
・ひらがな
・かたかな
・アルファベット
・はんたいことば
・かず
・あいさつ
・かぞく


ペンの別売りがあるのは?

我が家はペンが壊れたり、紛失もしたことがないですが、もしそうなったとき、別売りがあると安心です。

はじめてずかん1000はないですが、はじめてのずかん900は別売りがありますよ

はじめてずかん1000とはじめてのずかん900の共通点

はじめてのずかん900外箱3つのポイント
はじめてのずかん900 外箱の解説
  • 英語にも対応
  • クイズで遊べる
  • 英単語にカタカナ音声ガイドつき
  • 音量の調節可能
  • ペンの電池は単4電池2本
ふたば

共通点を見て頂ければわかる通り、機能的な部分ではそう変わりはないですよ!

はじめてのずかん900を買って2年目の我が家の口コミを紹介!

我が家が「はじめてのずかん900」を選んだ訳は、歌やペン遊びは他のおもちゃでも取って代われると思ったから。

遊ぶ目的よりも、しっかり図鑑として兄妹で長く使って欲しいと選びました。

ふたば

アンパンマンとかいないいないばぁ!の図鑑も気になったけど、キャラに気がいっちゃうんじゃないかと思って辞めました

5歳・3歳の兄妹で奪い合って使ってます

はじめてのずかん900目次「犬」

下の子が1歳のときに購入したんですが、正直当時はそんなに興味を示さず...

でも2歳頃から周りに興味を持つようになって、楽しんでくれるようになりました。

現在、我が家の兄妹は5歳・3歳ですが、奪い合う用に遊んでいます...!

はじめてのずかん900 5歳長男が遊ぶ

5歳の長男はひらがな・カタカナの練習に励んでいるのですが、日々の中で「この字なんだっけ?」と気になったら、タッチして文字を確認しています!

辞書みたいに使っていて、音が出る図鑑のメリットだなと思いましたよ)

ふたば

私が言った訳ではなく、自ずとやっていたのでビックリでした(笑)

今はひらがな・カタカナですが、いつか英語でも遊んで欲しいな~なんて思ってます^^

はじめてのずかん900 3歳が遊ぶ

下の子は、はじめてのずかんで覚えた言葉がたくさんあって、本当買ってよかったな~!と感じています

クイズで問題形式の遊びも出来るんですが、「え!?そんなん知ってるん!?」という、言葉の実力までチェックすることができて楽しいですよ(笑)

普段は兄妹喧嘩ばっかりですが、はじめてのずかんで遊んでいるときは、

  • 「おばあさんおばさんおばあさん」の連呼
  • 「おしり」

などタッチして、2人にキャッキャッしているきがありますw

ふたば

オぅイ!とツッコミったくなるときもありますが、仲良く遊んでいるときは本当微笑ましいです^^

はじめてのずかん900 目次「ごはん」

あとね、親目線でいうと、ごはんのページが、献立に迷ったときに意外と参考になったりしています(笑)

何が食べたい?何が好き?」っていって、ペンで教えてくれたものを作ったりするときがりますよ(自分で選んだものは結構食べてくれたりするのでw)

2年使うと図鑑がこんな状態に…!電池は意外と切れないかも

はじめてのずかん900 背表紙ボロボロ

はじめてのずかんは全ページPP加工(ふくだけで汚れが取れて長持ち)ですし、結構しっかりした作りだとは思うんですが、

2年ミッチリ使うと背表紙が結構ボロボロに・・・!

でも、壊れることなくいまだに現役ですよ(*'ω'*)

はじめてのずかん900 タッチペンのみ

ちなみに電池ですが、2年で替えたのは2~3回かな?

そこまで電池の消耗が早いといった印象はなかったです^^

はじめてずかん1000を購入した人の口コミ

人気の理由が分かる、多機能な図鑑!写真なのもうれしいです
1歳の子供に買いましたが、一人でもずっと遊んでいます

まだ8ヶ月の赤ちゃんに買ったので、私がペンでタッチしたり、一緒にペンを握って遊んだりしていますが、大喜び!
歌も入っているから、赤ちゃんでも楽しめます♪

4歳からはひらがなのページを夢中で遊んでいます!

買って数週間でペンの音が出なくなりました。

タッチペンのみの販売があってほしい

「はじめてずかん1000」歌や遊びのページがあるので、赤ちゃんと一緒に遊ぼうと購入したママも多かった印象!

親子で一緒に遊べるのは、「はじめてずかん1000」の魅力だと感じましたよ♪

デメリットとしては、「タッチペンのみの販売がない」ということ。

買って早々の場合は、カスタマーサービスに連絡すると、交換してもらえる場合もあるそう。

交換してもらえない場合は、自力で修理するか、図鑑ごと丸ごと買い替える必要があります

Amazonや楽天ブックスのレビューがかなり参考になるので、気になる方は是非のぞいてみて下さい。

それなりに高いお買い物になるので、私も購入前はかなり読み込んだ記憶があります^^

楽天ブックスでレビューをチェック

Amazonでレビューをチェック

はじめてのずかん900を購入した人の口コミ

言葉が少ない2歳の息子に購入!
買って3ヶ月で少しずつ二語文話せるように!本当買って良かった

5歳の娘も一緒にハマっています!
他のタッチペン図鑑よりも大きい子も満足に遊べる内容になっているので、お姉ちゃんの方が勉強になっていると思います

英語がきれい!
タッチの範囲も広いので子供もストレスなく遊べています。

ンが壊れて使えなくなった。

「はじめてのずかん900」は、やはり2歳前後のちょっぴり年齢高めの子供に購入している方が多かったです

はじめてのずかん900とはじめてずかん1000は共に、ペンが壊れたという口コミをいくつか見かけました。

1000の方はペンのみの販売はないですが、900の方はペンの別売りがあるので安心です

ふたば

2年半使ってる我が家はまだ壊れたことはありません!(結構粗めに使ってるときもあるけどなぁ?)

運みたいなのもあるのかもしれませんね。

楽天ブックスでレビューをチェック

Amazonでレビューをチェック

どっちがおすすめ?実際に使ってみて分かったよ!

はじめてのずかん900 ずかんとタッチペン

「はじめてずかん1000」「はじめてのずかん900」はどんな人におすすめなのか、使ってみた私の意見を書いておきます。

はじめてずかん1000

  • 赤ちゃんから親子で一緒に遊びたい
  • 遊びながら学びたい

はじめてのずかん900

  • 遊び要素よりも図鑑として中身が充実している方がいい
  • 勉強の1つとして使いたい
  • 3歳・4歳~と年齢高めの子供にも遊ばせたい

我が家は、5歳の上の子はひらがなドリルをやったり勉強する時間を設けているんですが、3歳の下の子はドリルは全く集中できず...

下の子だけが遊ぶと、上の子が集中できなくなるので、下の子ははじめてのずかん900を使って「勉強タイム」に参加しています!

ふたば

はじめてのずかん900は歌とか遊びがないので、勉強タイムでも気をそらさず集中できるので、良かったです!

まとめ:はじめてずかん1000とはじめてのずかん900の決定的な違い

「はじめてずかん1000」と「はじめてのずかん900」の決定的な違いは、

  • 対象年齢
  • 歌やペン遊びの有無

だと思います!

小学校低学年までしっかり学びたいという方は、とけいや行事、はんたいことばなどが入っている「はじめてのずかん900」がおすすめです♪

ふたば

1歳半~使えるので、きょうだいで長く使えますよ!

▼はじめてずかん1000

▼はじめてのずかん900

関連記事はじめてずかん1000が販売休止?どこに売ってるか入荷情報最新!

はじめてずかん1000販売休止
はじめてずかん1000が販売休止?どこに売ってるか入荷情報最新!

続きを見る

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-おもちゃ