もうすぐ2児の母になる主婦の、妊娠・出産・子育て体験談や、日々の気になることを綴ります。

ふたばのひなた~2児の母の発見~

妊娠・出産 妊娠・出産トラブル

妊娠初期に全身に蕁麻疹ができて、あまりの痒さに気が狂いそうになった魔の5日間。

投稿日:

私は1人目を妊娠中の妊娠初期(11週頃)から5日間、全身に蕁麻疹が広がり、あまりの痒さに気が狂いそうになりました。

今まで体の一部に蕁麻疹ができたことはありましたが、足の先から頭皮までと、ここまで全身にできたのは初めて!
蕁麻疹ってこんなに痒くて辛いものだとは思ってもみませんでした。

しかも、妊婦さんの蕁麻疹は意外と多いトラブルなんだそうです。
妊娠が原因の蕁麻疹で悩んでいる方はたくさんいると思うので、私の体験談をお伝えしていきたいと思います。

妊婦さんはどうして蕁麻疹になりやすい?

妊娠中は、免疫力が低下しているため、妊娠していなかったときには何ともなかった少しの刺激でも、体は敏感に反応していまいます。

蕁麻疹ができるメカニズムとしては、「ヒスタミン」という物質が何らかの原因で放出され、皮膚が地図状に腫れてしまうんだそうです。
その何らかの原因というのも色々あって、アレルギーや紫外線であったり、ストレスや疲労、妊娠中は本当に様々な原因で起こると考えられています。

妊娠中の蕁麻疹で間違えやすい病気

蕁麻疹ができ始めてすぐにネットで検索してみると、「妊娠性痒疹」という妊娠中にかかる病気がヒットしました。
この病気は、ごく一部の妊婦さんにみられる病気で、出産するまで治らない場合が多いと書いてあったので不安になりましたが、画像検索してみると、明らかに自分とは違うタイプの発疹でした。

蕁麻疹ができて、まさかと思う方は、一度画像検索して自分の発疹と比べてみるといいかもしれません。(結構きつめの画像が出てくるので、苦手な方は要注意!)

私の蕁麻疹体験談

私の普段の肌はかなり強い方です。
花粉症もアレルギーもないですし、化粧品で肌荒れした経験もありません。
なので、妊娠中にこんなにひどい蕁麻疹に悩まされることになろうとは思ってもみませんでした。

発症はいつ頃で、どんな症状?

発症時期は妊娠初期(11週頃)、季節は11月だったので真冬です。
発症期間は5日間。この5日間は本当に辛く、痒みで気が狂いそうになったので、私は魔の5日間と呼んでいます(-.-)笑

蕁麻疹ができ始めたのは、何の前触れもなく、本当に突然のことでした。

いつも通り入浴し、ソファーでくつろいでいると、無意識に自分の顔を頻繁にボリボリ掻いていることに気がつきました。
痒みって無意識のときはそこまで気にならなくても、痒いことを意識してしまった途端にどんどん痒くなってきてしまいますよね。
そんな感じでだんだんと顔が痒くなってきたのでちらっと鏡を覗いてみると顔中に発疹が!

地図状にぶくっと腫れていて、まさに蕁麻疹といった感じの発疹でした。
そこからはみるみるうちに体に広がっていきました。
その日は、顔や体、太ももあたりにできましたが、しばらくすると少しずつマシになってきて、若干の痒みを残しつつも、眠りにつくことができました。

一番辛かったのが、2日目~4日目!
この3日間は、足先から手のひら、頭皮まで、隙間がないくらい発疹に覆われてしまいました
顔面も赤く腫れ、まぶたも重くなったので、外出も出来ない程でした。

蕁麻疹は、数十分から数時間以内に消えるのが普通だと言われていますが、私の場合一日中でした。
というのも、数時間でおさまり、またすぐにでき始めるといった繰り返しで、しかも全身なので、どこが治ってどこにでき始めているのかすら分からない状態でした。

蕁麻疹は、血行が良くなると悪化するので、入浴後や、寝付こうとしたときなど、体が温まるときが本当に痒くて辛かったです。

あまりの痒みにおかしくなる

先程言ったように、体が温まると蕁麻疹は悪化します。
なので、布団をかぶって眠ろうとすると、痒みが一気にヒートアップ!!!

日中もずっと痒くて気が狂いそうなのに、夜も眠ることができなくて完全におかしくなりました。
というか泣きました(;O;)笑

とにかく痒みを抑えるためには、体を冷やすしかない!と、真冬なのに、キャミソールとパンツで(お腹は冷やすといけないので腹巻着用)真夜中に、家中ウロウロしていました。
はたから見ると滑稽なのですが、本人は至って真剣です(-.-)!

今、その頃の日記を見返していますが、

ふたば
かゆいかゆいかゆいかゆいかゆい

もはやホラーな文章ですが、本当にそれだけ痒かったんです(:_;)

夫が私にしてくれたこと

深夜、あまりの痒みに泣いている私を見て、夫が冷えたタオルを用意してくれ、毎日体を拭いてくれました。
真冬なので寒いですが、痒いよりマシ。
夫も一緒に起きていてくれたので、精神的に少し気持ちが楽になったのを覚えています。

そして、タオルで体を拭いてもらってからは、蕁麻疹が少しひいて、朝方数時間ほど眠ることができました。

皮膚科受診!

蕁麻疹ができて2日目に皮膚科を受診しました。

先生には「これは妊娠が原因の蕁麻疹だね~。赤ちゃんがいるからあまりステロイドは使いたくないから、気休め程度だけどこの塗り薬を使ってみて、それでも軽減されない様だったら、また受診しに来て~」と言われました。

その時処方してもらったのが抗ヒスタミンの塗り薬
先生が言った通り、本当に気休め程度な感じで、塗ってすぐは全然効果が感じられませんでした。

でも、塗らないよりマシ!と、一番ひどい時には徹底的に塗りまくって、あっという間にその薬は無くなってしまいました。
5日目にはもう薬を切らしていたのですが、やっと効果が現れてきたのか、徐々に蕁麻疹はできなくなっていきました。

私の蕁麻疹の画像

もっと強烈な写真はたくさんありましたが、さすがにそれはみなさんびっくりすると思うので、蕁麻疹ができ始めた頃の軽めの画像を貼っておきます。

貼っておいてなんですが、ぶつぶつの画像って、見ているだけで痒くなってきませんか?(;'∀')
若干ぶれていますが、これくらいが丁度いいですよね。

参考になれば幸いです。

 

実は、2人目の妊娠でも蕁麻疹ができました。

2人目の妊娠でも、つわりが終わる頃に2日間だけ蕁麻疹ができました。
まさかこれは!?とギョッとしましたが、嬉しいことに症状はとても軽く、入浴後顔にだけ蕁麻疹ができて、1時間程度でおさまりました。

あ~良かった!

と言っても、出産するまではいつなるか分からないので恐ろしいんですけどね。

まとめ

妊娠中のマイナートラブル「蕁麻疹」は、本当に油断大敵です!

私のように何日間にも渡って症状が続く場合や、痒みが我慢出来ない程辛い場合は、迷うことなく皮膚科を受診するようにして下さい。
何が原因で、どういう状態なのか、先生にきっちりと診断してもらうだけでも気が楽になります。

蕁麻疹は、ストレスや疲労の象徴だとも言われているので、妊娠期間中は無理せず、リラックスして過ごせるよう心がけたいものですね♪

 

記事下ダブルレクタングル

記事下ダブルレクタングル

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-妊娠・出産, 妊娠・出産トラブル
-, , ,

Copyright© ふたばのひなた~2児の母の発見~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.