\やんちゃ兄妹育児中の母が綴る妊娠・出産・子育て体験談/

ふたばのひなた

妊娠・出産

産後に腎盂腎炎、菌血症になり命の危機!救急車で運ばれ、緊急入院した体験談

投稿日:

妊娠・出産でも大変な経験をしましたが、出産後まさかの産後トラブルに見舞われました。

それは、腎盂腎炎菌血症という感染症です。

産後の入院生活では慣れない子育てに、寝不足の毎日で、

ふたば
何だか背中が痛いし、フラフラするなぁ…

とは感じていたものの、産後ハイになっていたのか

ふたば
弱音を吐いてはいけない!頑張らなくてはっ!

と、常に体も心も緊張状態でした。

なので、自分の体がこんな大変なことになっているだなんて、全然気がつきませんでした。

今回記事を書くにあたり、病気のことや、体験談など色々調べてみましたが、意外と産後に経験している方は少ないのか情報が少なかったんですよね。

なので、同じような症状がある方の参考になれば嬉しいです。

私が経験した腎盂腎炎、菌血症ってどんな病気?

まずは、私が産褥期に経験したこの2つの病気をご説明したいと思います。

腎盂腎炎

細菌が膀胱を逆流することによって引き起こされる、腎盂および腎臓の感染症のこと。

下部尿路感染症では、膀胱炎

上部尿路感染症は、腎盂や腎臓に起こる感染症で、腎盂内で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだものを腎盂腎炎という。

菌血症

腎盂腎炎の合併症の一つ。

本来無菌である血液内部に最近が侵入している状態のこと。

細菌が全身に巡り、臓器障害が引き起こされることを敗血症といい、敗血症ショックに陥ると非常に危険な状態だといわれている。

敗血症の死亡率は4人に1人と、かなり高いものとなっている。

症状

  • 発熱
  • 側腹部痛
  • 頻尿
  • 排尿痛
  • 膿尿
  • 血尿

原因

産後の場合

  • 免疫力の低下
  • 尿閉や排尿困難などの排尿障害
  • 導尿カテーテル

が、原因となることが多いそうです。

ふたば
私の場合、どれも当てはまります。

  • 導尿の際、すごく痛みを感じたときがあり、そのときに出血したので、このことにより尿路に傷が生じた。
  • 半日以上、導尿するのを忘れられていたことにより、細菌が繁殖した。

こういった理由も、腎盂腎炎になった原因の一つなのかもしれません。

参考【体験談】尿意がない!尿が全く出ない!産後に排尿障害になり、導尿しました

私が感じた兆候

  • 導尿を始めて2日目くらいから、排尿時に膀胱炎のようなツーンとした痛みが生じ、それと同時に残尿感があった。
  • とにかく背中が痛かった(慣れない子育てのせいで、背中を痛めたのだと思っていた)
  • 何度もめまいに襲われた
  • 顔が別人のようにパンパンにむくんでいた
  • 足の浮腫が激しく、普段の2倍くらいの太さになった

ふたば
改めて今見てみると、普通じゃないっていうくらいむくんでいます!

象の足とはまさにこのことですね。

でも、産後は足がむくむと聞いたことがあったし、助産師さんにも産後のむくみはそのうち戻るよと言われていたので、そうなのか~くらいにしか思っていませんでした。

しかし、日に日にむくみがひどくなっていって、足が風船みたいにパーンと張っていて、足首が曲がらない状態にまでなっていました。

入院するまでの経緯

膀胱炎の抗生剤2日ぶんを処方してもらい、産後5日目に退院。

そして、退院した日の晩、一度目の悪寒に襲われましたが、気のせいかと思い就寝。

明け方に何だか体調が悪いな~と思いながら、息子に授乳していると、今まで感じたことのない悪寒が私を襲いました。

ふたば
もうその寒さといったら、すっ裸で北極に放り出されたくらいの、異常な寒さでした!

それからすぐに痙攣発作のように、全身がビクビク震え初めて、声すら出せない状態になりました。

それを見てびっくりした家族が110番。

救急車でピーポーピーポー運ばれてしまいました。

ふたば
産後からず-っと体調が悪くて、今思えば普通じゃないんですよね。

だけど、初産だったもんで、産後ってこんなにもダメージが大きいんだ…
しんどい…しんどいけど、母として頑張らなければ!

と、ちょっと間違った頑張る母モードに入っていて、自分の体の不調に全然気がついていませんでした。

病気ではじめて入院しました

救急車で熱を測ってもらうと、ななななんと!

40.6度

ふたば
そりゃ、北極並みの寒さに感じるわけだ!

病院に到着し、こんなにも高熱があるのに、レントゲンやCT、血液、尿など、ありとあらゆる検査を受けさせられ、意識朦朧で看護士さんに支えられながら移動しました。

私の検査結果がヤバイ

私の担当医(中国の方)から

いきなりこんなこと言われてビックリするかもしれないけど、あなた本当に重症ね!

と言われ、病状説明と一緒に渡された検査結果がコチラ↓

青が正常値。
赤が私の検査結果の数値です。

…!!これは、大変なことになっています。

メモ

CRPというのが、血液中の炎症反応の数値
正常値が0.3以下なところ、私は14.78にまで上昇していて、大変な数値を叩き出していたそうです。

ふたば
どうやら私は敗血症一歩手前だったそうです。

命の危険を告げられましたが、高熱で頭が働かず、それほど何も思いませんでした。

改めて考えるとめちゃめちゃ恐ろしいんですけどね。

そして、私の血液の中に侵入している細菌の種類も調べていただきました。

結果、グラム陰性桿菌陽性とのことで、大腸菌の一種という診断でした。

治療法は?

腎盂腎炎って、初期治療で重症化防ぐことが大切なので、原則入院なんだそうですよ。

治療法は、抗生剤(1日3回)と補液の点滴オンパレードでした。

多臓器不全になると一刻を争う危険な状態になるということで、病状が改善されるまでは、24時間心電図モニターで管理されていました。

ふたば
一度、夜中に胸が痛くなり看護師さんに相談すると、3人くらいの医師が慌ててやってきたので、逆に私が驚いてしまったくらいでした。

それだけ危険な状態だったんですね。全然実感なかったですけど(汗)

退院後も、抗生剤の服薬がしばらくありました。

それに加え、その後の経過観察として、2回病院で診察と検査を受けました。

何日で退院できた?

私の場合、8日間入院しました。

救急車で運ばれたときは、2~3日程度で退院できると思っていたのに、思ってた以上に長い入院生活になりました。

入院生活で辛かったこと

  • 点滴がとにかく痛い

腎盂腎炎の治療は、基本的にずっと点滴です。

なので、看護師さんからは、点滴の針はずっと刺しっぱなしにしましょうと言われましたが、それがどうしても痛くて、点滴の度に刺してもらうようお願いしました。

ですが、私は血管が細いらしく刺すのも中々大変で、それも痛いし両手とも痣だらけになるしで辛かったです。

  • 会陰の傷が痛い

私の場合、会陰の傷がかなりひどかったので、それもずっと痛かったです。

これはまた別の記事で詳しく書きますが、実は会陰の傷が開いていて、この病院で麻酔なしで再縫合されたんです。

これが痛いどころの話ではなくて、恥ずかしながら大泣きしました。

  • 熱が上がったり下がったり

熱が上がると一気に40度まで上昇するので、寒くなったり熱くなったりが激しくて、悪寒がひどいときには、電気毛布や湯たんぽなど、看護師さんが一生懸命お世話してくださいました。感謝です。

  • 入院グッズが揃わない

救急車で身一つで運ばれたので、入院グッズなんてものは何も無くて…

持ってきて欲しいものを夫や義母にお願いしましたが、何がどれで、どこにあるのか全然伝わらず、大変でした。

  • 入院中、夫の協力が得られなかった

ちょうど夫はその頃とても忙しい時期で、中々協力を得ることができませんでした。

病状説明と退院の日も、夫が体調を崩し、病院に来てくれたはいいけど、高熱で私のベッドで大の字で寝てましたから。

ふたば
病状説明のときも、上の空で何も聞いてなかったしね(;'∀')
  • 食事が味気ない

病院食なので、薄味でかなり味気なかったです。

母乳も出していたので、常に満たされない感じでした。

ふたば
なんといっても一番辛かったのが、産まれて間もない息子と離れ離れになってしまうことでした。

あと、母乳問題も。

母乳を息子にあげることができないのも辛かったけど、母乳が出なくなってしまわないよう3時間おきに手しぼりするのも辛かった。

熱が高くても、慣れない手つきで必死にしぼりました。

入院中の息子の話は長くなりそうなので、また別でまとめたいと思います。

退院後

退院して一番初めにしたことが外食!

久々に外を出歩いたので、足腰フラフラでしたけど、なんだか別の世界に来たみたいで全てが新鮮に感じました。

ふたば
結果的に、産後5日の入院合わせると13日間も入院したので、そりゃそうなりますよね~。

入院費用も恐ろしかったのですが、後日高額医療の申請をし、有難いことにかなり返ってきました。

ポイント

腎盂腎炎はしっかり治療しておかないと、再発を繰り返し、慢性腎盂腎炎になる場合があるそうです。

私はしっかりと治療したので、2人目を出産した際も、再発することはありませんでした。

記事下ダブルレクタングル

記事下ダブルレクタングル

にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 子育てブログへ 
↑応援して頂けると嬉しいです!

-妊娠・出産
-, ,

Copyright© ふたばのひなた , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.